日刊 のんのこ。//
2016/11/14 (Mon) 【一口馬主】天使の声は聞こえない ― この夏あったことその3。

先日、京都で期待の新星アスティルたんがデビューしました。
アスティルデビュー戦
断然の一番人気、中山で観戦していたのですがパドックも落ち着いて回れてたように見えたのですが…結果9着。返し馬を掛かり気味に走ったらしい時点でほぼ終了していたのかもしれません。ゲートを出てから全く進んでいかず、直線やや脚を使っていたかのようでしたが、レースとしては全くいいところがありませんでした。
加えてレース後には川田騎手が「ハープスターよりリュラに似ている」とのコメントを出し、渋いデビュー戦となりました

その翌週11月5には菊花賞をスキップ、自己条件の1600万下を着実にクリアして勇躍オープン入り!をかけてラヴィエベールが東京開催のノベンバーSに出走しました。レースはハンデ戦でしたが54kgとこれまで背負ってきたのと同じ斤量、これまで主戦場にしてきたコースに母の鞍上も務めたルメール騎手が前走に引き続き乗ってくれる…と不安要素は微塵もなく、調教も当日の状態もほぼ万全、人気も1倍台の支持を受けていました。…が、ゲートを出てみると二の足がつかない。道中もずっと最後方。
直線半ばから物凄い末脚で追い込むも写真判定の末、鼻差及ばずの2着…かろうじて連対率100%は守られたものの、オープン入りを前に足踏み、重賞挑戦の夢は来年に持ち越しという結果と相なりました…


そしてもう一頭、長いトンネルに入ってしまっている仔がいます。
シャンドランジュ3歳…。これまで3戦未勝利。着順は3着-13着-3着。現役です。引退してないんです。ファンドも継続中。
未勝利馬たちの進退も極まりつつあった8月末、地方でなら…と遠征に備えていた矢先、馬房で寝違えてひっくり返って暴れたらしく前膝や腕、顔に外傷を負いました。トレセンの診療所の入院馬房に入り、約ひと月。その後天栄に放牧に出ました。その間に未勝利戦も終了。「力がないわけではないので引退させるのは惜しい」と調教師の先生がクラブに掛け合い、地方での再起を目指すという方針に決まり、今も天栄にいます。ケガをしたのが8月末、今や2ヶ月半が経とうとしていますが受傷したのが関節部分故、膝の外傷は未だ完治していないそうです…。さらに移動すら年内は難しいとのことで馬体重も520kgを超えています。こりゃあもう絞りなおして一から仕上げ直しなんじゃないでしょうか?写真も更新されず、更新も仕方ないとはいえ低調な調整ばかりでラダームブランシェの時を思い出す状況。ブランシェの骨折は2歳時と1勝した後でしたから、待つのは長くて確かに不安だったけど時期的にまだ番組はあって、今回のように「中央では走れるレースがない」ってとこまでは行ってなかったんですよねぇ…療養だけさせたけどやっぱり引退します!とならないか非常に心配です。
どうか早くよくなってほしいと思います。




にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

◆出資愛馬の情報についてはクラブに許可を頂いて掲載しています。

趣味:競馬・一口馬主 | trackback(0) | comment(0) |


2016/10/21 (Fri) 【一口馬主】この夏あったこと その2。

すっかり秋も深まってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?その後、ひたすらよそ様の記事を読むばかりで一切更新してませんでしたwすいさんです。
前回の更新からはや3週間が経とうとしておりますねー;ありゃー、迷走している仔はまだ迷走してますが、、デビューが決まった仔や次走が決まった仔、新たに仲間入りした仔、いろいろ出ておりますのでご報告したいと思います。
まず、こちら先月のキャロットクラブ一次募集の結果でございます。
2016年キャロ一次結果
×なし最優先にて、芦毛のディープ牝馬ココちゃん(仮称)を見事獲得することが出来ました!ちっちゃくて可愛い女の子という点ではラダームブランシェと共通しますがブランシェとは違った色合いで、こちらは父ディープインパクト、祖母は結構好きな馬だったゴールドティアラ。全兄は重賞馬ステファノス、デビュー済みの兄と姉は全て勝ち上がり済み。ココちゃんもきっと彼らに続いてくれることと信じています。
ココちゃん2016年09月30日
ココシュニックの15  ディープインパクト × ココシュニック(母父クロフネ)
続いて、何かと期待の高い本家馬の2歳、ビジューたんは早々に入厩→ゲート試験合格→放牧→帰厩、デビュー戦検討中(今ココ!)。上が最新(9月)、下が7月。
シュクレビジュー2016年09月22日しがらき

シュクレビジュー 牝2 カジノドライヴ × マカロンドナンシー(母父ダンスインザダーク)
募集時は400kg乗ってなかった(と思う)ビジューたんも今や460kg。全然ちっちゃくありません。今からデビューが楽しみです!
そして、デビューが楽しみといえばアスティルたん!
アスティル2016年8月24日
アスティル 牝2 スティゴールド × ヒストリックスター(母父ファルブラヴ)
いよいよ23日、京都4R 2歳新馬(牝馬限定 芝1400m)にてデビューします!
クラブからの更新は以下のように来てますが、ネット見てるとなんとなくですが、そう評価は高くないようですね…;
10/19 池添学厩舎


19日は栗東CWコースで追い切りました。「お伝えしたとおり先週の追い切りは金曜日に行い、ジョッキー騎乗で感触を確かめてもらいました。そこでしっかりと負荷をかけていますので、あと1、2段隠されているであろう終いのギアを競馬で活かすためにも今朝は折り合いに専念。手綱を放せばスッと伸びていきそうな手応えでしたが、うまく我慢の利いたいい走りを見せてくれました。馬体も入厩当初は少しぽっちゃりさんだったのが、ここまで乗り込みを重ねて締まってきて、おそらくレース当日は420キロ程度での出走になるでしょう。血統的にも期待の高い馬ですし、フットワークを見てもなかなか切れ味を秘めているなと感じさせてくれますから、初戦からどんな競馬をしてくれるか楽しみにしたいと思います」(池添学師)23日の京都競馬(2歳新馬・牝馬限定・芝1400m)に川田騎手で出走を予定しています。
10/12 池添学厩舎


12日は軽めの調整を行いました。「先週の追い切り後も特に問題なく順調に調整できています。速いところを始めたことでカイバ食いが落ちてしまわないか心配していたのですが、今のところはきちんと食べてくれていて、馬体重も安定しています。今朝は坂路を軽く1本上がりましたが、軽いフットワークでいいキャンターでしたよ。今週は3日間開催の後で火曜日が全休だったので、追い切りは金曜日に行う予定です。なお、デビュー戦の鞍上は川田騎手にお願いしており、追い切りにも乗ってもらって感触を確かめてもらおうと思います」(池添学師)23日の京都競馬(2歳新馬・牝馬限定・芝1400m)に川田騎手で出走を予定しています。
16/10/19(水) 大下
栗東CW・稍 89.8 - 72.1 - 56.5 - 41.9 - 12.3
スマートスペクター(古500万)強目の内を0.5秒追走3F併クビ先着 馬ナリ余力(7)
16/10/14(金) 川田
栗東CW・良 85.4 - 69.3 - 54.2 - 39.5 - 11.8
ローズウィスパー(古500万)稍一杯の外を0.3秒先行0.3秒先着 馬ナリ余力(8)
16/10/10(月) 大下
栗東坂・重 57.3 - 41.7 - 27.4 - 13.8 馬ナリ余力(-)
16/10/5(水) 助手
栗東CW・稍 83.6 - 67.4 - 52.2 - 38.4 - 12.9
エルデュクラージュ(新馬)馬ナリの内を0.4秒追走0.2秒遅れ 馬ナリ余力
その身に流れる累代の血はまさに綺羅星の如く、桜花賞馬の姉と同じく川田騎手を鞍上に迎えてのデビュー、全姉こそ未勝利引退でしたが、その全姉とは性格も体型も違うとのこと。終わってみれば「さすがハープスターの妹だ」と言われるような走りを、星の一族に新星現る…!と期待したいですね!
…という訳で、その3へ続きますー。
◆出資愛馬の情報については(各)クラブに許可を頂いて掲載しています。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

趣味:競馬・一口馬主 | trackback(0) | comment(2) |


2016/09/28 (Wed) 【一口馬主】この夏あったこと その1。

翠さんです。お盆過ぎから、妹が出産のために里帰りしている実家へ帰ってました。次の仕事まで時間があったのと、出産に先んじて母上が入院もしていたのでひと月ほど行ってました。
まぁその間、、モニター関係やキャロットの一次募集があったのですが、両親が家にネット回線を引いてないことや、マイパソコンがなかったことでイマイチ更新しづらく記事ののアップはほとんどやってませんでした;そういう事なので、ついったをフォローしていただいてるお馬仲間の方にはご存じかと思われる例の「甥っ子ロス」も少し落ち着きましたのでそろそろ触れておかない訳にはいかないでしょう、この夏の我が家のお馬たちの事を書いていきます。
ラヴィ3勝目公式バナー1
 
まずは、ラヴィエベールが1000万下の日高特別を余裕の勝利!



画像左上の勝利数は我が家の勝利数ですが、今年は春に主力部隊の1頭にと期待していたラダームブランシェが故障引退、どうにかデビューしてほしかったラッシュドリーマーも北海道を出られず未出走引退し、残ったシャンドランジュは2戦するも3着がせいいっぱい…ラヴィがただ1頭で2月のデビューから3勝してくれました。(ますますディープ産駒ってすごい!って思うように…)
今回はルメールジョッキーが最後まで追わずに流して2馬身差の勝利。「こういうのが見たかったんだよ!!」という勝ちっぷりでした。
年内は自己条件でオープン入りを目指していくようですが、この先もますます楽しみになってきましたよ!
前年度の最高額のコートオブアームズ号(13戦2勝)、カズヲ先生の当初の評価は上だった同厩のキングオブアームズ号(5戦1勝2着2回)より結果は出てると思います。シルクの最高額馬は地雷って風潮が界隈じゃああったようですが、ラヴィを見てると薄らいできたんではないかという気がします。今年の最高額馬も走りそうです。

募集と言えば、シルクの一次募集始まってますね!今年は空前のラインナップ。個人的には、ラヴィでクラブとの付き合いも終わり…と思っていたので心が揺れますね。気になったのはプチノワール、サロミナ、ピラミマ、カリ、リビアーモ、ウィルパワー。あとレーヴドスカーですが…
この中ではサロミナですね。早来育成だし。そして池添学厩舎。ノーザン期待の若手調教師でもし当選という事になれば、2歳のアスティルに続き、お世話になる事に。勝負強い池添ジョッキーは好きなので「兄弟でレースに臨む」なんてあったら素敵だなぁ…(*´ω`*)脚が曲がってるって話ですが、足が曲がっていてもクラシック2冠に輝いた名牝ベガの例もありますし、どうでしょうかね?
あと地味に気になるレーヴドスカー。半兄ナイアガラはかわいい馬でした…。シルクに来た理由が解りませんが、出資するチャンスも今回だけなんじゃないでしょうか?番外でユキチャン。価格もお手頃で父もカナロアに変わり、厩舎も今までの吉田厩舎から割と評判のいい手塚厩舎へ。父が新種牡馬なので適性もダートオンリーから変わってくる可能性もありますよね!漫画のような白さで緑の芝の上を走る…例えるならリアル「マキバコ」(みどりのマキバオーの妹)、見てみたいですね!

シルクのドラフトは来週の水曜までですが、参戦される皆様のご武運お祈りいたします!


◆出資愛馬の情報についてはクラブに許可を頂いて掲載しています。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

趣味:競馬・一口馬主 | trackback(0) | comment(0) |


2016/09/07 (Wed) 【一口馬主・追記ちょっとあり】キャロットクラブ 第一次募集申し込みしますた。

こんちわ、翠さんです。天下分け目の第一次キャロット募集合戦(上田合戦的な感じで)、如何でしたでしょうか?正確には終わってないのですが、今日は集計の中間発表もありませんし、まずは1.5次に向けてひと段落といったところでしょうか。
私も申し込みをしたのでその内容を公表したいと思います。
↓↓今年はこのようになっとりますー↓↓

最優先 ココシュニックの15
一般 ヒルダズパッションの15シーザリオの15
…シーザリオ?!前に言ってたシンハリーズじゃないのかよ!と言われそうですが…なんかあんまり票がのびてないようだったので入れてみました。リオンディーズの全妹で全姉ヴァイオラは早逝、そのヴァイオラとエピファネイア全妹のロザリンドに続く3頭目の娘となれば、後継牝馬としての繁殖価値もありそうだし…。春にシルクのラッシュドリーマーが辿り着けなかった憧れの角居厩舎に入る予定ですし…。角居先生ファンとしてはどうしても一度はお世話になりたいところ…ちなみに競馬ベジータさんのベジスポが決め手になりました。
なお、ここでグレイシアブルーとはお別れです。(多分、良くて1.5次まで少し残るくらいなんじゃないのかなぁ…2次募集まではのこらないんでないかと。)
そして、ヒルダズパッションはやっぱり入れたかった。×なしではノーチャンスでも一応入れたかったんですよ。最優先にしたかったけど、ラダームブランシェ以来の待望の芦毛枠、ディープ枠、母優先に期待枠も備わっているココシュニックが欲しかったので最優先なら行けるのでは…と言う票の雰囲気からココシュニックを最優先に。(しかも馬体が小さく、「人懐っこくてかわいい」とのツアー参加者の方の情報もあり、顔こそ似てませんがブランシェと更にダブります…)
てな訳で、ココシュニックだけが取れるのか、シーザリオのみが残るのか、はたまたどっちも取れないのか…16日の発表を乞うごご期待!
それでは最後に…
皆様に良いご縁がありますように!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

趣味:競馬・一口馬主 | trackback(0) | comment(2) |


2016/08/30 (Tue) 【一口馬主】 思いが叶いますように。

我が家初の40口馬にして初の馬名採用馬、本家サンデー所属のマカロンドナンシーの14ことシュクレビジューが北海道を出る目処が立ったと思った矢先にいきなり栗東に入厩しました!

シュクレビジュー 牝2 カジノドライヴ × マカロンドナンシー(ダンスインザダーク)
しがらきでもう少し調整するかなと思ってたので、北海道→天栄(中継地)→直で栗東入厩となりちょっと驚きです。
今はゲート練習をしているようなので、この後はゲート試験の合格を目指すのでしょうが、今まで殆ど体調を崩すこともなく、ずっと順調だった彼女、ゲート試験もきっと頑張ってクリアしてくれるでしょう。



ここまで順調だと、あと心配は1つだけ。他馬と競走出来るまでのレベルに能力が達しているかどうか。たまにありますよね、順調に育成も積んでいざデビューしたらレースにならない、って馬。それだけが怖いなぁと。でも、一応本家の募集に適うだけのものを持っているのではないかと思ってるんですが…
後付けだけど、馬名に込めた「(マカロンドナンシーはヒビの入った素朴なお菓子かもしれないけれど、)職人さん(≒この馬に関わってくれる関係者の皆さん)の手によって宝石のように磨き上げられ、輝きを放つように」という思いが叶うといいなと思います。
◆出資愛馬の情報についてはクラブに許可を頂いて掲載しています。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

趣味:競馬・一口馬主 | trackback(0) | comment(2) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

藤堂 翠

Author:藤堂 翠
尾張国産・越前国育成。卵焼きは甘くないやつ。
競走馬と文房具(画材)と化粧品が好き。(ワクワク感とか使いごこちを追求してしまうです)
物心ついたときには既に好きだったお馬、2014年からおこずかいで競走馬のタニマチを始めました。
2017年乗馬始めました。
■2012年産:
 ラダームブランシェ(2戦1勝:引退→繁殖) 
 クランデール(7戦未勝利:引退→地方)
■2013年産:
 ラヴィエベール(新馬勝ち:1600万下現役)
 ラッシュドリーマー(未出走引退)
 シャンドランジュ(3戦未勝利3着2回→地方移籍現役)
■2014年産:
 アスティル(未勝利・現役)
 シュクレビジュー(未勝利:新馬戦2着・現役)   
■2015年産:
 フィニフティ(ココシュニックの15)

通算戦績 4-4-3-1-1-8 

2015年  1-0-2-1-1-5 10戦1勝 (ラダームブランシェ/3歳未勝利)

2016年  3-3-1-0-0-2  8戦3勝(ラヴィエベール/メイクデビュー東京、3歳上500万下、1600万下日高特別)
2017年  0-1-0-0-0-1  2戦0勝

出資馬

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

更新楽しみにしてます

カテゴリ

最新トラックバック

JBISサーチ

在籍クラブ

サンデーサラブレッドクラブ シルクホースクラブ キャロットクラブ ~ CARROTCLUB ~

お世話になってます。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

 

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

ブロネット

商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!

レビューブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

にほんブログ村

 

人気ブログランキング

 

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR