FC2ブログ

【更新再開します】お馬さんいつもありがとう(*´ω`*)ノシ

美味しいもの。
11 /30 2015
               シャンドランジュ横断幕
こんちわ翠さんです。シャンドランジュがデビューしまして、いい加減ここらで放置もやめなければと思います。
という事で広告消しのために一本まず記事あげときます。

シャンドランジュのデビューから一夜明けた昨日は、有楽町の馬肉料理屋さんに行ってきました。「今日はお馬の口になってるの(馬の肉を食べる気になっている、という意味)」と言うののちゃん(配偶者)についてったのがこちら。
九州熊本料理居酒屋馬かばい!
馬かばい!
定番の馬の刺身やユッケの他に焼肉とかなめろう、レバーペーストなど他ではあまり見ない料理もありました。
味は馬喰ろうのインパクト程ではありませんでしたが料理の品数が多く、量もあり、総合力では負けていないと思いました。何より、肉の扱いを解っているといった印象でした。馬刺しを扱うお店で刺身を頼むと、やたら薄いうえに高確率で凍ったままで出てくる…ってことがあるのですが、こちらはちゃんと生しい感じで出来てきました。博多で週1~2でスーパーで馬刺しを買って食べてた頃のように口に入れるととろりとすぐ脂の甘みが味わえました(*´ω`*)
今日も先ほどテレ東の「別冊主治医が見つかる診療所健康スイッチ」内で馬肉の栄養についてやってましたし、先月は馬かばい自体も紹介されてたそうです;
栄養価が高く、高たんぱくで低カロリー、牛肉よりヘルシーな馬肉、馬を食べることに抵抗のない方にはお勧めします。昭和レトロな雰囲気のガード下飲食街にあるこちらのお店、雰囲気も懐かしい感じでなかなかいいですよ(しっとり大人…とはまた違いますが…)!

ほんとにお馬さんには頭が上がりません。頑張って走ってくれる、見目麗しく愛らしい、食べたらおいしい…と、いつも楽しませて貰ってます。お馬さんたちありがとう!(*´ω`*)ノシ
(競馬記事は次回書きます)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

復活おめでとうございます。
シャンドランジュの観戦記と思いきやまさかの馬肉記事w

自分はどうしても馬肉食えないです
あのかわいらしい顔が浮かんできて・・・
他の家畜にも同じ感情を抱ければ痩せれるのになぁ。

Re:

ぬっきーさんこんばんは。
復活したようでしてなくてすいませんです;
人が食べる用の馬と乗用・各用途使役用の馬は違うと思ってます。食べられる根拠はこれだったりします。
そして、走る馬とご縁が持てないのはここにあるかもしれませんね;(ルージュバックをするーして、クランデールとレオパルディナでクランデールを選んだり…ラダームブランシェは怪我ばかり…;)

藤堂 翠

尾張国産・越前国育成。卵焼きは甘くないやつ。
競走馬と文房具(画材)と化粧品が好き。(ワクワク感とか使いごこちを追求してしまうです)
物心ついたときには既に好きだったお馬、2014年からおこずかいで競走馬のタニマチを始めました。
2017年乗馬始めました。
馬ネタのみの新ブログできました。→http://oumablog.com/

■2012年産:
 ラダームブランシェ(2戦1勝:引退→繁殖) 
 クランデール(7戦未勝利:引退→地方)
■2013年産:
 ラヴィエベール(10戦3勝2着6回:新馬勝ち→1600万下→1000万下現役)
 ラッシュドリーマー(未出走引退)
 シャンドランジュ(3戦未勝利3着2回→地方移籍2戦→引退・繁殖)
■2014年産:
 アスティル(5戦未勝利:引退→繁殖)
 シュクレビジュー(8戦未勝利、新馬戦2着:引退→地方)   
■2015年産:
 フィニフティ (9戦1勝:新馬勝ち、クイーンC(G3)2着)
■2016年産
 アストライア(ハープスターの16)
 テイクザヘルム(ヴェラブランカの16)
 マイエンフェルト(アーデルハイトの16)
■2017年産
 アーデルハイトの17(ローヌグレイシア)
 ユキチャンの17(ラテマキアート)
■2018年産
 ラダームブランシェの18

通算戦績 5-9-3-3-3-15 

2015年  1-0-2-1-1-5 10戦1勝 (ラダームブランシェ/3歳未勝利)

2016年  3-3-1-0-0-2  8戦3勝(ラヴィエベール/メイクデビュー東京、3歳上500万下、1600万下日高特別)
2017年  1-5-0-2-1-7  16戦1勝(フィニフティ/2歳新馬(牝))
2018年  0-1-0-0-0-1  2戦0勝(フィニフティ/クイーンC(G3)2着)
2019年  2-1-2-0-2-10 17戦2勝(デイクザヘルム/3歳新馬、マイエンフェルト/3歳未勝利)