FC2ブログ

【資生堂】マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

メイク:ファンデ
02 /03 2020
こんちわ、すいさんです。
今回は自腹回ですよ。
マキアージュドラマティックパウダリーUV2
■資生堂 ドラマティックパウダリー UV SPF25/PA+++ 9.3g 全7色 3,300円(税込) ケース別売り
はっきり言って「いつものおいさんなら絶対買わないって商品」です。(…メーカーさんごめんなさい)でも自腹なんですよ!
いやね、昨年末の母上入院事件の時に、滞在日数も不確定、でも手持ちがない!って状況で買ったもんなんです。
マキアージュ…10年以上ぶりですかね。最後に使ったのはルースのフェイスパウダー。
もともと、化粧品にはワクワクとか使ってて気分が上がる…っていう様な事も重要なのでどうしてもどこに行っても売ってるっていうマキアージュやエスプリーク、コフレドールあたりはどうしても買う気にならなくて…ドラッグストアで買うメイクブランドというと、セルフで手軽なそれより価格帯が下のケイト、ヴィセになっちゃうんですよね…いくらクレド推しの私でもマキアージュくらいの価格になったらデパートコスメにも買えるもの出てくるので魅力がね…デパコスも通販で買えたりするご時世ですし…
昔はマキアージュって煌めいてて、15年くらい前のマキアージュが出たての頃はみんな持ってて私も欲しかったけどお金なくて…何個もファンデ買えなかったんだよねぇ…(確か当時はレヴューを使ってた。懐)こんな風にどんどん魅力を感じなくなるとは…

そんな寂しい話は置いといて、そのどこでも売ってるおかげで今回助かったわけですけど…
使ってみたら思ってたよりちゃんとしてた…!(3000円するんだから当たり前)
クレドでオークル20なので色はオークル20にしときました。色に関して特に違和感なかったです。軽さも感じます。

実家から自宅に帰ってきてから顔の左右でマキアージュとセフィーヌで半分ずつブラシで塗ったんですけど、2時間後もしっとり感がありました。(乾いてガビガビな感じはない)
マキアージュドラマティックパウダリーUV3
(上がマキアージュ、下がセフィーヌ。腕に塗ってみましたが…あまり参考にならない比較ですね。)
それもそのはず、調べたら美容液水とパウダーを混ぜてムースのような状態にして、それを乾かしてゆっくりやさしくプレスするという手法で作られているんだそう。柔らかさ1.3倍なんだって。(確か、コスメデコルテのマルセルワンダースコレクションのフェイスパウダーも同じような作り方でものすごく柔らかいです。)ちなみに肌への溶けこみ感と軽さもアップしてるらしい。
あと、金平糖型をしている粉体の効果でラメとかパールではないツヤと透明感が出ますね。光を乱反射させてソフトフォーカスする効果もあるみたい。
どうりで、スッとした印象の透明感と均一感が出ると思った。
あと持ちもいいですね。3時間経ってもそんなに変わってなかったんですもん。
そして、パウダーファンデなので落とすときも簡単。肌の負担の軽いところもいいですね!

そういや、パウダーファンデについていつも困ってるんですけど、私の場合必ずファンデの表面にてかっとしたガビガビが出来る。
それで覆いつくされるために全然ファンデがパフやブラシに取れなくなる…「スキンケアや下地が馴染んでいないから」とか「パフとかブラシにスキンケアや下地の油分が付いてる」からだそうなんですけど、ファンデを塗る前に一度ティッシュを押し当てて余分な油分を取るようにしているんですけどね…日焼け止めとか下地の層が剥がれそうで嫌なんだけど。
…なのに2回も使えばガビガビの予兆が…なんででしょうねぇ…
もっと研究が進めばこういうのもできにくくしてくれるといいなぁ…というわけで、資生堂さんよろしくお願いします~!
マキアージュドラマティックパウダリーUV1
あと、年甲斐もないんですけどアナ雪デザイン最高でした!!!!かわいいー!


にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

藤堂 翠

尾張国産・越前国育成。卵焼きは甘くないやつ。
競走馬と文房具(画材)と化粧品が好き。(ワクワク感とか使いごこちを追求してしまうです)
物心ついたときには既に好きだったお馬、2014年からおこずかいで競走馬のタニマチを始めました。
2017年乗馬始めました。
馬ネタのみの新ブログできました。→http://oumablog.com/

■2012年産:
 ラダームブランシェ(2戦1勝:引退→繁殖) 
 クランデール(7戦未勝利:引退→地方)
■2013年産:
 ラヴィエベール(10戦3勝2着6回:新馬勝ち→1600万下→1000万下現役)
 ラッシュドリーマー(未出走引退)
 シャンドランジュ(3戦未勝利3着2回→地方移籍2戦→引退・繁殖)
■2014年産:
 アスティル(5戦未勝利:引退→繁殖)
 シュクレビジュー(8戦未勝利、新馬戦2着:引退→地方)   
■2015年産:
 フィニフティ (9戦1勝:新馬勝ち、クイーンC(G3)2着)
■2016年産
 アストライア(ハープスターの16)
 テイクザヘルム(ヴェラブランカの16)
 マイエンフェルト(アーデルハイトの16)
■2017年産
 アーデルハイトの17(ローヌグレイシア)
 ユキチャンの17(ラテマキアート)
■2018年産
 ラダームブランシェの18

通算戦績 5-9-3-3-3-15 

2015年  1-0-2-1-1-5 10戦1勝 (ラダームブランシェ/3歳未勝利)

2016年  3-3-1-0-0-2  8戦3勝(ラヴィエベール/メイクデビュー東京、3歳上500万下、1600万下日高特別)
2017年  1-5-0-2-1-7  16戦1勝(フィニフティ/2歳新馬(牝))
2018年  0-1-0-0-0-1  2戦0勝(フィニフティ/クイーンC(G3)2着)
2019年  2-1-2-0-2-10 17戦2勝(デイクザヘルム/3歳新馬、マイエンフェルト/3歳未勝利)