FC2ブログ

【大正製薬】アドライズ アクティブクリーム

基礎:クリーム
01 /11 2020
こんちわすいさんです。
今年の冬は過ごしやすいですね。割と暖かい日が多いのもありますけど、家でも春に導入された大型の空気清浄機が加湿も出来るタイプでその機能を使っているせいか肌的にも乾燥しすぎず過ごしやすいです。
そうは言っても油断はできないのが関東の冬。母上の緊急入院で帰った北陸の実家の方が肌の調子よかったですしね。例年より過ごしやすいだけだと思ったほうが良いですね…(;^ω^)
…というわけで、今年最初の頂き物のご紹介です!(*'ω'*)
なんと大正製薬さんから。
大正製薬って言うと、リポビタンDのイメージですよね。化粧品をつくっていたとは…ちょっと意外です。実は去年の春ごろに発売されていた様子。知らなかった…
アドライズ01

■大正製薬 アドライズ アクティブクリーム 30g 4,400円(税込)
一言で言うと、「製薬会社ならではの乾燥肌の人向けの薬用化粧品」
といったところでしょうか。
ヘパリン類似物質とプラセンタが配合されています。
ヘパリン類似物質ってあれですよね、「皮膚科の処方薬が美容効果がある?!」って一時話題になったやつですよ。ヒルドイドとかビーソフテンとか。おかげで私がかかってる皮膚科でも一度に処方される保湿剤の量が減りました。ホント実際、美容効果とかそんな特別な成分入ってないですからね!保湿効果だけですから!小さな子供にも塗るのにそんな美容効果のあるもの処方するわけないじゃないですか。添付文書によると「皮脂欠乏症、進行性指掌角皮症、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患」とあり、主に外傷面の治療や皮脂欠乏症などの保湿が必要な治療に使われるなんですよ!
とくにアトピーとか皮膚疾患のない人で「美肌になる!」なんて言ってる人は肌の保湿が足りてないだけだと思いますよ。
ほんとに困っていて処方が必要な人のためにも節度のある医療保険の使い方をしてほしいですねぇ…(;^ω^)
アドライズ02
まぁ、そんなことがあったおかげでか最近では薬局でも処方薬と似た処方の保湿剤が売られるようになっていますのですが、今回記事にしているアドライズ、そのヘパリン類似物質が配合されています。そこに加えて美白効果のあるプラセンタ!製薬会社だからこそできたのではないかという組み合わせですよね!
あ、忘れそうになったけど、もう一つの推し成分「プラセンタ」。まぁ、こういう記事を読んでらっしゃる時点で効果はご存知かと思いますが、エイジングケアや美白に効果を期待できる成分ですよね。
「プラセンタが配合されてる商品てあんまり使ったことないなー…」なんてことを思いながら開封しましたが…
中身は真っ白なクリームです。無臭。
使用量はブルーベリー粒大とのことだったのですが、なんとなくうるうる感を感じていたので両手のひらで擦り合わせてみたんです。
すると、クリームの白さは消え、べちゃっと手のひらが濡れたように…!(おおおおお!)
そして肌に塗ってもしつこくない。しばらくしてすっかりなじんでました。使い心地が軽くて、かと言ってこの季節でも物足りないなんてことはないという…そしてべたつきがないというのは素晴らしいですね。テカテカにもならなかった…
アドライズ03
(写真でも肌と触れたクリームのふちがうるっとなってるのが伝わるでしょうか?写真にしたら親指の付けのを中心とした手の甲の産毛がちょっと厳しかったのでぼかしときました…)
とにかく敏感肌でも保湿と美白を両方叶えられるというのは神的処方ではないでしょうか。敏感肌向けと言って刺激の少ない成分を集めて作る商品とは根本的に違うと思います。ありそうでなかったというか。

個人的な事ですが、今では普段は色素沈着を持つ乾燥肌として過ごせており、汗をかいたときなどたまにしか症状が出ないのですが、私かもっと症状が酷かった頃にはなかったような商品だなぁと…敏感肌でもエイジングケアできたり、美白出来たり、肌が弱いからって諦めなくて良いというのは良い時代になったなと思います。
そんな風にしみじみ感じた商品でした(*'ω'*)

ちなみにアドライズは大正製薬の公式ビューティサイトである「TAISHO BEAUTY ONLINE」で購入できます。(ローションとクリームを10日間試せるセットもあります)→アドライズ購入ページ

通販限定と言わず、もっとアピールして世の敏感肌&乾燥肌女子たちを救ってあげて欲しいと思います!



アドライズのキャンペーンに参加中[PR]




にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

藤堂 翠

尾張国産・越前国育成。卵焼きは甘くないやつ。
競走馬と文房具(画材)と化粧品が好き。(ワクワク感とか使いごこちを追求してしまうです)
物心ついたときには既に好きだったお馬、2014年からおこずかいで競走馬のタニマチを始めました。
2017年乗馬始めました。
馬ネタのみの新ブログできました。→http://oumablog.com/

■2012年産:
 ラダームブランシェ(2戦1勝:引退→繁殖) 
 クランデール(7戦未勝利:引退→地方)
■2013年産:
 ラヴィエベール(10戦3勝2着6回:新馬勝ち→1600万下→1000万下現役)
 ラッシュドリーマー(未出走引退)
 シャンドランジュ(3戦未勝利3着2回→地方移籍2戦→引退・繁殖)
■2014年産:
 アスティル(5戦未勝利:引退→繁殖)
 シュクレビジュー(8戦未勝利、新馬戦2着:引退→地方)   
■2015年産:
 フィニフティ (9戦1勝:新馬勝ち、クイーンC(G3)2着)
■2016年産
 アストライア(ハープスターの16)
 テイクザヘルム(ヴェラブランカの16)
 マイエンフェルト(アーデルハイトの16)
■2017年産
 アーデルハイトの17(ローヌグレイシア)
 ユキチャンの17(ラテマキアート)
■2018年産
 ラダームブランシェの18

通算戦績 5-9-3-3-3-15 

2015年  1-0-2-1-1-5 10戦1勝 (ラダームブランシェ/3歳未勝利)

2016年  3-3-1-0-0-2  8戦3勝(ラヴィエベール/メイクデビュー東京、3歳上500万下、1600万下日高特別)
2017年  1-5-0-2-1-7  16戦1勝(フィニフティ/2歳新馬(牝))
2018年  0-1-0-0-0-1  2戦0勝(フィニフティ/クイーンC(G3)2着)
2019年  2-1-2-0-2-10 17戦2勝(デイクザヘルム/3歳新馬、マイエンフェルト/3歳未勝利)