FC2ブログ

【ロート製薬】エピステーム ステムサイエンスローションa

基礎:化粧水
03 /14 2020
こんちわすいさんです。
いやー、昨年「たくさんネタがあるから1件でも消化したい」って書いておいてその直後に実家の母上が緊急入院したってことがあり、出先から着のみ着のまま(こういう字で合ってるんだろうか…)で急行した時に、ちょうど持って出ていて非常に助けられたのが今回ご紹介するお品のトライアルサイズ。
ロート製薬って一般的には目薬のイメージですけど、この記事を読みに来てくださるような方ならそれだけじゃないってご存じかと思います。ドラッグストアにいけばほぼ必ず置いてあるくらい簡単に手に入るのに実力は凄い…!でも名前の響きで損してそうなオバジなんかもロート製薬が販売してる商品ですよね!
てなわけで、今回のエピステームは販路としては百貨店向けなんでしょうか…片手の指ほどしか実店舗がなく、基本的に入手は通販となってしまうのが便利でもあるけど惜しい!サンプル貰えないから!(そこか)
なんとなくオバジの1万円のクリームとエピステームの3.5万円のクリームのテクスチャだとか塗った時の伸び方みたいなあたりが似ていて、エピステームはオバジの上位互換みたいもんなのかなぁ…なんて思いました。…半透明の硬めのカスタード餡っぽいコクと厚みのあるクリームの感じ…(もにょもにょ)
といっても、オバジはピーリングとか高濃度ビタミンC美容液がエイジングケアライン以前からイチオシ商品であり、オバジ先生の名を冠しててライセンスとの絡みもあるので一概には一緒くたに出来ないかもしれないですけどもね。

エピステームローション02
■エピステーム ステムサイエンスローションa 150ml 15,000円(税抜)
さてそんなことはさておいて、エピステームって実は何年も前から名前は知ってたんですよ。だけど、接点がなかった。
だけど、糖化対策が出来るコスメとかサプリメントを探していて検索に引っかかったんです。
(余談ですが、糖化って簡単にいうと体が必要としている以上の余った糖分がタンパク質と結びつくことできる物質、終末糖化産物(Advanced Glycation Endproducts)がハリや弾力のある肌において重要な成分であるコラーゲンやエラスチンと結びついて劣化させる特性を持つためにシワ・たるみ・くすみの原因に、糖化の際のメイラード反応が黄色や茶褐色を示すために肌の黄ぐすみももたらすんです。その他にも身体のほとんどの細胞に影響を与えるらしく、身体の様々な老化に関与する物質であり加齢性ありの慢性疾患の原因だとも考えられているという恐ろしいもの。)
で、検索の一覧に「ロート製薬「episteme(エピステーム)」公式サイト。エピステームは、「糖化」に着目した、トータル・エイジングケアのブランドです。」って出たんです。ホームページをざっと見た感じ糖化については目につくところに書いた項目が見つからなったんですけども…そちらはどうもエピステームでもコアラインのことらしく、イチオシのステムサイエンスのラインについて「再生医療研究から生まれた」ってあります。(公式ホームページの説明にも【ロート製薬では、かねてよりアンチエイジング化粧品開発のために皮膚幹細胞の研究、皮膚疾患の遺伝子研究、iPS細胞の研究に取り組み、その成果を残してきました。】との記述が。)
エピステームローションサンプル1
…再☆生☆医☆療の可能性へからくるキラキラした響きと、エイジングの要因を 加齢、光老化、酸化、糖化の4つと考え、処方設計を行っているというコアラインと共通の成分(AGディープクリアコンプレックス)が配合されていて、糖化対策も一緒に出来るとあってはもう、俄然使ってみたくなったんですよね!

その後、実家にもっていったりしながらトライアルキットとスターターキット(それぞれでサンプルサイズの容量や、構成品目が違う)で大感動して記事にしたのが1月。それから間もなくしてサンプルサイズを使い切り、前回の記事の時に発注してた現品を使いだしたのが先月の初めです。
もう、なんでもっと早く使わなかったのかと思うような逸品です。
ステムサイエンスは名実ともにブランドイチオシの看板ラインなのですが、
配合成分もそれにふさわしく、
ステムエナジーコンプレックス プルーン分解物、アロエベラ葉エキス(保湿成分)
ステムSコンプレックス カプロオイルテトラペプチドー3、トリペプチドー1銅、コラーゲン(保湿成分)
バイタライズコンプレックス ダイズ芽エキス、オリゴペプチド-24(保湿成分)
AGディープクリアコンプレックス ウメ果実エキス、エーデルワイスエキス(保湿成分)
と4つの独自成分を採用しており、この中でAGディープクリアコンプレックスが糖化に対応しているようです。

そして、使ってみてびっくり!パシャ系でもないけどそれほどとろみも感じない透明な化粧水。どれだけ使ってもなくなる!(こわい…(;^ω^))
エピステームローション01
最初は香りがきついと思ったんだけど、慣れたら凄いいい匂い―!(*´ω`*)「ステムグランローズ」と名前が付いているブルガリアンローズ(ダマスクローズの最高級)の香りらしいんですけどね、石鹸を思わせるような爽やかで優しい香りです。しかもアイテムごとに使うシーンに合わせて調香(調整)してあるんだそうです。(確かに化粧水と乳液とクリームの香りを嗅いだら違ってました…!)
余談ではありますが、「最初は某資生堂のシナクティフの香りの方が好きかな…」って思ってましたが、気が付くとこちらばかりに手が伸びるようになっていて…あちらはあちらで素晴らしいのでまさに双璧です。

そして、使い始めて3ヶ月~4ヶ月ほどなのですが駅前の薬局にある無料健康診断機(皮膚の上から血管年齢測ったり、ストレスチェックできたりとかする…)で透過度測定があるのですけど、1月と2月、ちょうど空いてたので測定してみました。(来たる3月分も楽しみにしていたんですが、既に数日前の時点で「コロナウイルス感染拡大防止の観点からサービス中止」と張り紙がされており機械の電源が入ってませんでした…。残念…)
AGEs測定202001blog
【2020年1月】
AGEs測定202002blog
【2020年2月】
2月に至っては驚愕の順位…!数値については調べてないのでよくわからないんですけど…ちなみに同時に使っていたものとして、ビタミンCの多そうなオレアビータを朝に、疲労の原因としての糖化に着目したっていう第一三共さんのリゲイン トリプルフォースを半年くらい前からと毎晩飲んで寝てるっていうのはあるんですが、それにしたって糖化に対応すると謳っているコスメですから肌から原因を排除してこそじゃないですか。いやー、凄いですね。仮にこれが誤差の範囲の数値だったとしても目で見て何か違いが出ればやる気出ますねぇ!
エピステームローション03
それにしても、何だか凄いボトルです…やたらでかい…;シルバーの部分が多くて映り込みがあって写真撮りにくい…二重構造の凝ったデザインになっています。これあれですかね?温度変化を受けにくい的な…それと地味なんですけど、フタを閉めるときに最後まで回しきると こくっ、ってかっちりしまった感触があるんです。これは他のクリーム状の乳液にも共通していて凄く気に入ってます。閉まった感があって。ただ、一方で残量が分からないのがつらい…光に透かしても分からない…中身に影響がなければ残量を確認できるスリット入れてもらえると嬉しいんですけど…あと詰め替えとかあればエコでいいと思うんです…この辺りメーカーさんご検討くださいー!

あとトライアルキットの時にも書いた内容ですが…
一緒に入ってた定期購入コースの案内。1・3・5回目(奇数回)にセットになっているサイズのサンプルが付いてくるんです…(化粧水は30mlサイズ)さらに5回目にはフルサイズの現品がもらえるという…!!
これはやばすぎる…5回に1回は現品…キャンペーンコードの方も化粧水乳液クリームをセットで購入した場合、スターターセットと同じサイズのサンプルセットが量換算で1万円分!にもなるっていう太っ腹企画でしたけど、定期購入は3.5万円のクリームも5回に1回現品という事実…確かに発注済みの化粧水と洗顔とクレンジングと合わせてクリームも揃えるつもりですが、45gのクリームを最長インターバル3ヶ月で使い切る自信はない…そうは言っても、少々お得が過ぎるのではないでしょうかね!!!!!
トライアルキットとスターターキットがありますので、品ぞろえで選ぶも良し、っ手に取りやすい価格で選ぶも良しですので…
「再生医療」って響きに可能性のきらめきを感じたら一度お試しを…!



にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ

にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

藤堂 翠

尾張国産・越前国育成。卵焼きは甘くないやつ。
競走馬と文房具(画材)と化粧品が好き。(ワクワク感とか使いごこちを追求してしまうです)
物心ついたときには既に好きだったお馬、2014年からおこずかいで競走馬のタニマチを始めました。
2017年乗馬始めました。
馬ネタのみの新ブログできました。→http://oumablog.com/

■2012年産:
 ラダームブランシェ(2戦1勝:引退→繁殖) 
 クランデール(7戦未勝利:引退→地方)
■2013年産:
 ラヴィエベール(10戦3勝2着6回:新馬勝ち→1600万下→1000万下現役)
 ラッシュドリーマー(未出走引退)
 シャンドランジュ(3戦未勝利3着2回→地方移籍2戦→引退・繁殖)
■2014年産:
 アスティル(5戦未勝利:引退→繁殖)
 シュクレビジュー(8戦未勝利、新馬戦2着:引退→地方)   
■2015年産:
 フィニフティ (9戦1勝:新馬勝ち、クイーンC(G3)2着)
■2016年産
 アストライア(ハープスターの16)
 テイクザヘルム(ヴェラブランカの16)
 マイエンフェルト(アーデルハイトの16)
■2017年産
 アーデルハイトの17(ローヌグレイシア)
 ユキチャンの17(ラテマキアート)
■2018年産
 ラダームブランシェの18

通算戦績 5-9-3-3-3-15 

2015年  1-0-2-1-1-5 10戦1勝 (ラダームブランシェ/3歳未勝利)

2016年  3-3-1-0-0-2  8戦3勝(ラヴィエベール/メイクデビュー東京、3歳上500万下、1600万下日高特別)
2017年  1-5-0-2-1-7  16戦1勝(フィニフティ/2歳新馬(牝))
2018年  0-1-0-0-0-1  2戦0勝(フィニフティ/クイーンC(G3)2着)
2019年  2-1-2-0-2-10 17戦2勝(デイクザヘルム/3歳新馬、マイエンフェルト/3歳未勝利)