FC2ブログ

【HERMES】ナイルの庭(UN JALDIN SUR LE NIL)

香水
06 /15 2019
こんちわすいさんです。 今回は、意外とやってこなかった香水回です。 近年「香害」とか「香水離れ」って聞きますよね。とはいえ、今回のお品はですね、あんまりそういう事にはならなさそうな、しかもこれからの季節にぴったりな香りです。 日刊のんのこナイルの庭1 
エルメス ナイルの庭 30ml 8,532円 / 50ml 12,528円 / 100ml 17,604円 
こちら、10年以上前?に流行ったちょっと香水好きなら知ってるんじゃないかな、っていう世界に名だたる超高級ブランドエルメスの庭園シリーズ(公式では「庭園のフレグランス」と銘打ってました)の有名香水です。 ちなみにこちらによると、2005年発売なんですねぇ…で、ずいぶん前ですけど一応既に持ってはいたんです、ナイルの庭。
  日刊のんのこナイルの庭3
実はラインナップには番外編的に15mlサイズってのがあって、ずいぶん前ですが買った当時にちょっとの間使ってて、その後数年眠ってたんです。ほんで最近、またちょっと使いはじめたんですよ。香りが変わってないように思ったので… だけど、なんで今回新しく買ったかというとですね、我が家でフル活用されているAmazon prime video で配信されている海外のドキュメント系?ルポ番組「ペテン観光都市」という番組で有名ブランドのニセ香水についてやってたんですね。 それをみてて、なんとなく「最近登板回数が増えてるし、もっと容量の多いのを直営店で買うか―」と思って買ったんです。サイズはちょっと考えました。30ml以上の容量になると、持ち歩き向きの15mlサイズとはデザインも全然違って観賞用にもなるので、30mlにしようと思ったけど50mlにしました。さすがに、100mlとなると使い切れる気がしないので…他にも買い替えを考えることになった地中海の庭以下、他の庭園シリーズの香水と一緒に飾る場所とかも考えるとこれがちょうどいいかなと。


あと、ちょっと脱線しますけどこのボトル、というかエルメスの香水は共通してシンプルなのに品がありますよね。100mlは少々大きいのでちょうどいい例えが思いつかないですが、30mlは魔法のエッセンス、50mlは魔法薬っぽくてワクワクします)
 

とりあえず、開封して1プッシュ。

…!?
…香りが全然違う…(ズキューン!)
初めて嗅いだってくらいの新鮮さ。
確かに15mlを買って封切ったのって随分前だし、買ったのはネットだったんだけども…


今回のナイルの庭は
オーガンジーを重ねたように奥行きがあって…でも石鹸を思わせるくらい爽やかで軽やか。
嗅いだ際の一呼吸の最後、余韻が消え入るような柔らかな香り…脳内で光と水と植物がぶわ…っ、って。
まさに、公式サイトに出てたような感じ。



「グリーンと植物の匂い。水と砂の匂いからみずみずしさを新たな解釈で表現しました」
ジャン=クロード・エレナ
散策の出発点となったアスワンからナイル川流域の川面に浮かぶ島が印象に残り、この香りが誕生しました。
《ナイルの庭》は陽光と生命力、自然の豊かさときらきらとした輝きのある庭。グリーンマンゴー、ロータス、シカモアウッドを思わせる香り。



勝手にファラオ(或いは女王)の王宮の庭だと思ってました(笑)ちょっと違うみたいですね。
…ちなみに、今まで手元にあったものは、「まぁ、似てるけど(一応、同じ香水のはずですからね;)、プッシュした後はしばらくトゲっぽさともとれる青臭さが強く香って、早くトップ飛ばないかな」って感じでした。
ホントに今回買ったやつは優しくて柔らかい。性別も問わないと思います。
ただ、前から持ってたやつより香りが飛ぶのが早い。3時間くらいで消え始めてる感じですかね。香りがしないなと思ったぐらいで付け直すがベストだと思います。つい、身体以外にも付けたくなりますが、いくら爽やかで軽い香りと言っても「香水離れ」という世の流れもあるわけですし、ちょっと考えて使ったほうが良いですね。身体も2プッシュ以上つけるとなると周りの迷惑になる可能性も出てくると思うので、個人的には1プッシュを朝1回、昼から1回ぐらいで十分だと思います。私も実際、職場の隣の席が香水付けてくる人だった時、好きになれない匂いをさせてる日は気が散ってしょうがなかったです…


しかし、これが本来の姿であろうとなると今までのやつは何だったのか…
初めて嗅ぐぐらいの新鮮さは何だったのか…何年も使ってなかった(その間に劣化)うちに香りを忘れてたのか、劣化したものを買ってしまったのか(並行輸入品)。それとも、考えたくないけど偽物だったのか…
どれかはわかんないけど、やっぱり可能な限りはメーカー公式から買うのが安くは買えずとも幸せになれるんだなと思いました。


あと、エレナさん(調香師)さん最高だと思います。その他の庭園シリーズは全部嗅いでますが、
1~2位は 「ナイルの庭」or「地中海の庭」
3~4位は 「李氏の庭」or「屋根の上の庭」
って4位まで決まってるんですけど、それぞれは甲乙つけがたい出来に感じます。(2mlサンプルとナイルと同様の状態の15mlサイズ所持)


それにしても…一番気に入ってるランクの銘柄でこれだと「地中海の庭」も買い替えたほうがよさそうです。お世辞にもお安くはない香水ですけど、後悔はしてないです。
魔法(薬っぽさ)と気品を備えた50mlサイズで揃えていきたいところです。


そういう訳で、詳しくはこちらから→エルメス公式


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

8年前からナイルの庭愛用してます。いい匂いだし、女性にも概して好評です!

周りでつかっている人がいないのもポイント高いです!

…ただダサい服でこれをつけてる男性は、逆にブランドしかみてない中身のない奴、って女性から思われそうなんで身なりに気を使います…。

Re: 【HERMES】ナイルの庭(UN JALDIN SUR LE NIL)

おおー、ご愛用者様!
男性から香るとまた趣が違って素敵だと思います!
身なりに気を使う香りなんて聞いてしまうと、私なんて使う資格が…(´ε`;)

藤堂 翠

尾張国産・越前国育成。卵焼きは甘くないやつ。
競走馬と文房具(画材)と化粧品が好き。(ワクワク感とか使いごこちを追求してしまうです)
物心ついたときには既に好きだったお馬、2014年からおこずかいで競走馬のタニマチを始めました。
2017年乗馬始めました。
馬ネタのみの新ブログできました。→http://oumablog.com/

■2012年産:
 ラダームブランシェ(2戦1勝:引退→繁殖) 
 クランデール(7戦未勝利:引退→地方)
■2013年産:
 ラヴィエベール(10戦3勝2着6回:新馬勝ち→1600万下→1000万下現役)
 ラッシュドリーマー(未出走引退)
 シャンドランジュ(3戦未勝利3着2回→地方移籍2戦→引退・繁殖)
■2014年産:
 アスティル(5戦未勝利:引退→繁殖)
 シュクレビジュー(8戦未勝利、新馬戦2着:引退→地方)   
■2015年産:
 フィニフティ (9戦1勝:新馬勝ち、クイーンC(G3)2着)
■2016年産
 アストライア(ハープスターの16)
 テイクザヘルム(ヴェラブランカの16)
 マイエンフェルト(アーデルハイトの16)
■2017年産
 アーデルハイトの17(ローヌグレイシア)
 ユキチャンの17(ラテマキアート)
■2018年産
 ラダームブランシェの18

通算戦績 5-9-3-3-3-15 

2015年  1-0-2-1-1-5 10戦1勝 (ラダームブランシェ/3歳未勝利)

2016年  3-3-1-0-0-2  8戦3勝(ラヴィエベール/メイクデビュー東京、3歳上500万下、1600万下日高特別)
2017年  1-5-0-2-1-7  16戦1勝(フィニフティ/2歳新馬(牝))
2018年  0-1-0-0-0-1  2戦0勝(フィニフティ/クイーンC(G3)2着)
2019年  2-1-2-0-2-10 17戦2勝(デイクザヘルム/3歳新馬、マイエンフェルト/3歳未勝利)