日刊 のんのこ。//
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2017/06/03 (Sat) 【馬ネタ】芦毛の魅力。(転載)

 芦毛。白い、あるいは全体的に白っぽい馬の事ですね。

 例えば…私が競馬を見るようになった前後から言うとオグリキャップ、タマモクロス、メジロマックイーン、ビワハヤヒデ、クロフネ…近年だとゴールドシップ、エイシンヒカリなんかがパッと上がるかんじなのですが…

 なんていうか白い馬っていいですよねぇ…(*´ω`*)白いだけで特別です。

ビワハヤヒデ4
 昔は真っ白がよくて、膝とかに黒さが残る馬は惜しい…!ってよく思ってたもんですが、近年はグレーと白が混じってるのがいいんじゃないかと思うようになりました。とはいえ白ければそれだけでかわいさが増す気がします。

 大昔は「芦毛は大レースで活躍できない」なんて言われていた時代もあったそうですが、単に絶対数が少ないせいだったからだと思いますし、オグリキャップブームや「芦毛伝説」も何頭か継承者がでて来て以降はとんと聞かれなくなったように感じます。

 ちなみに、私が通ってる乗馬クラブは地方競馬の開催時に誘導馬業務を請け負っていまして、クラブに在籍している馬の3分の1くらいが芦毛(そのいずれもサラブレッド)だったりします。乗馬も競走とは違う資質が必要だと思うので、(個々の素養や性格によって向き不向きがあるとは思いますが)乗馬の入り口にいる私にしたら白い馬を割り当てられると心が躍りますし、白いと誘導馬になれたり、変わったところでは神社の神馬になれたりと引退後の馬生に活路が開けやすいのではないでしょうか…?(神馬の競走馬時代の名前から成績を知って微妙な気になったこともありますけど;)

 なお、単純に芦毛でも一度に産める仔馬の数からいって、牝馬より種牡馬の方が数の増加には有効だと思うので芦毛の成功種牡馬が増えれば、優勢遺伝とされている芦毛の馬が増えるのでは…と思うのですが、近年のトップサイアー、ディープインパクトやキングカメハメハ、ハーツクライなどは鹿毛、アドマイヤコジーンはとうに社台スタリオンを出され、チチカステナンゴは輸入から2年で早死に。残された仔達もあまり振るわず…キャプテントゥーレは去年で種馬をクビになり、社台には今はクロフネ1頭のみです。社台スタリオン以外の種牡馬としてはゴールドシップとエイシンヒカリ、ダンカーク、クリエイターⅡの新しい種牡馬達とG1馬を出したスウェプトオーヴァーボードあたりが有力かもしれません。この中から、芦毛馬がどんどん増えていってほしいところです…

 ちなみに、今まで一口馬主でわたしが出資した8頭のうち、芦毛は2頭。一番最初のラダームブランシェと今年の2歳ココシュニックの15ことフィニフティ(牝/栗東・藤原英昭厩舎)だったりします。なので、今年のドラフトではぜひ新たな芦毛馬を迎えたいところ!…本家募集が始まりましたけど、手の届きそうな芦毛馬はわずか。芦毛を取るか、その他の要素と総合的な判断で普通の茶色の仔になるか…しばらく思案は続きます(苦笑)

ビワハヤヒデ6
 写真は大好きだったビワハヤヒデ。いい加減会いに行かないとまずい年になりました。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

趣味:競馬・一口馬主 | trackback(0) | comment(2) |


<<【一口馬主】素朴な疑問(転載) | TOP | 【一口馬主】今年のドラフト方針。(転載) >>

comment











管理人のみ閲覧OK


芦毛をとるしかないでしょう。
私は家族(妻および母)からの希望によりある程度の高馬でも芦毛なら許されるような空気が醸成されております。

個人的にはラタフィアを狙っておりましたが、微妙なので、スターシップかパッシフローラあたりを狙っております。あるいはアイスフォーリス。
オーナーズのララアはいまひとつだったので候補から外しました。

葦毛は正義!!ですので、今回も芦毛にウェートをおいてドラフトを戦っていきたいと思います!

2017/06/04 00:08 | ヤエノムテキ [ 編集 ]


Re: タイトルなし

ヤエノムテキさんこんばんは!
やはり芦毛をとるしかないでしょうか…ダンカークが芝で勝ち上がったり好走してくれたらパッシフローラに大きくプラスなんですけども…ノヴェリストが勝ち上がったのでひょっとして「父の評価が低くて安い値付けなだけで捨てたもんじゃないのでは…!」と気になって仕方ないです;
それにしても、馬をご家族が認めてくれているってことが素晴らしいです。相馬が出来るお母様ステキ!
芦毛は正義!芦毛は天使!を唱えてながらツアー参加者様のレポの投下を待ちたいです(;^ω^)

2017/06/05 21:44 | 藤堂 翠 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://nonnoconoconoco.blog96.fc2.com/tb.php/1030-feb28626

| TOP |

プロフィール

藤堂 翠

Author:藤堂 翠
尾張国産・越前国育成。卵焼きは甘くないやつ。
競走馬と文房具(画材)と化粧品が好き。(ワクワク感とか使いごこちを追求してしまうです)
物心ついたときには既に好きだったお馬、2014年からおこずかいで競走馬のタニマチを始めました。
2017年乗馬始めました。
馬ネタのみの新ブログできました。→http://oumablog.com/
■2012年産:
 ラダームブランシェ(2戦1勝:引退→繁殖) 
 クランデール(7戦未勝利:引退→地方)
■2013年産:
 ラヴィエベール(新馬勝ち:1600万下現役)
 ラッシュドリーマー(未出走引退)
 シャンドランジュ(3戦未勝利3着2回→地方移籍2戦→引退・繁殖)
■2014年産:
 アスティル(未勝利・現役)
 シュクレビジュー(未勝利:新馬戦2着・現役)   
■2015年産:
 フィニフティ(ココシュニックの15)

通算戦績 4-5-3-1-1-11 

2015年  1-0-2-1-1-5 10戦1勝 (ラダームブランシェ/3歳未勝利)

2016年  3-3-1-0-0-2  8戦3勝(ラヴィエベール/メイクデビュー東京、3歳上500万下、1600万下日高特別)
2017年  0-2-0-0-0-4  6戦0勝

出資馬

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

更新楽しみにしてます

カテゴリ

最新トラックバック

JBISサーチ

在籍クラブ

サンデーサラブレッドクラブ シルクホースクラブ キャロットクラブ ~ CARROTCLUB ~

お世話になってます。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

 

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

ブロネット

商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!

レビューブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

にほんブログ村

 

人気ブログランキング

 

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。