FC2ブログ

【コーセー】コスメデコルテ ホワイトロジスト ブライト コンセントレイト

基礎:美容液
02 /29 2020
こんちわ、すいさんです。
コロナウイルスで不穏な状況が続いてますね…下手に病院に行くことで逆にリスクが高まるので薬も貰いに行きにくいです。その一方で、目にアレルギー性と思われるできものが出来、完治に丸1週間かかったので目からもアレルギー始まってます…花粉症なのでマスクがないのは非常に困ります。早く収束してほしいところですね。
それでも日に日に日差しの中に春らしさが含まれて来ている気がする今日この頃、そろそろ美白を始めていかねばですね!
さて、今回は2020年2月16日発売の新商品、コーセーさんから頂いた美白美容液のご紹介です!ありがとうございます!!
ホワイトロジスト2020
■コスメデコルテホワイトロジスト ブライト コンセントレイト [医薬部外品] 40mL 15,000 円(税抜)
実はホワイトロジストは過去に2種(ホワイトロジスト スポッツ コンセントレイションホワイトロジスト スポッツ コンセントレイション EW)、延べ本数3本ほど使ったことがありまして、このブログでもホワイトロジスト スポッツコンセントレイションEW(銀色)の方は2012年に取り上げたことがあります。あと、友人の誕生日プレゼントにしたこともあったりします。
あれから8年ほど…あれから3度リニューアルされて黒くなったり、ピカピカの金属ぽくなったりして、今ではさらにその金属デザイン(ボトルはガラス製です)を引き継いでリニューアルしています。
絞りだしクッキーっぽく筋が全体を包み込んどりますが…あんまり好きなデザインではないです(ごめんなさい)全体的に丸くSFっぽさありますね。
どうも、指紋が目立ってしまって…。手入れの時って、どうしても油分が手につくのでしかたないのですけど、手入れの最後でいちいちアルコール清拭するのは面倒くさいです。(このデザインは曇りのないギラギラの状態でこそ生きますよね…)
ホワイトロジスト2021
はい、頂いといてディスりが続いてしまいましたが(すみません…)、外観は置いといて、使いやすいテクスチャと使用感、ほのかで淡い香り、中身は時が流れても相変わらずのクオリティです。
美白製品を選ぶ際にポイントとなる美白成分はコウジ酸。
コウジって麹・糀です。穀物を発酵させて各種酒、味噌、酢、漬物、醤油なんかを作る時に用いられるアレ。某社が以前CMでやってた「杜氏(とうじ-酒蔵でお酒を米から仕込む職人さん)の手は白くて美しい」ってアレ。(CMを打ってた某社の製品は牛乳由来でしたが、「原料を発酵させて得られる成分を使っている」という点では共通しますね)

美白成分としては各社推している得意成分がありますが、コーセーさんはこの商品のメイン成分でもあるコウジ酸を推しています。
そしてこちらはコウジ酸と生薬であるトウキ<当帰>エキス、ナツメ<大棗>エキスに加えブドウ種子エキス、濃グリセリン (保湿成分)からなる独自成分【ブライトコンセントレイトコンプレックス】でお肌にみずみずしいうるおいをあたえつつ、シミのもとをつくる細胞「メラノサイト」に直接的にアプローチしてメラニンの生成を抑制、シミそばかすを防いで明るい肌へ…というもの。
世に美白効果のある成分は数あれど、個人的にコウジ酸の印象がいいのは麹菌が発酵する過程で得られる物質であり穀物を由来としていて古来から味噌や醤油を口にしてきた日本人には馴染みもあれば相性も良いのではないかなー、と思うからです。
他には、アスコルビン酸、甘草フラボノイド、サフラン、スイカズラ、ゼニアオイ、タイム(香草)、マツ、海藻、珍しいところではコーヒーのエキスも入っています。あと、その昔私を戸惑わせたサンペンズ(おそらく山扁豆?タンニンやフラボノイドを多く含む)エキスも健在でした!今回の中ではエチナシ葉エキスというのが初めて目にした成分で何だろうと調べてみたら、エチナシとはよくサプリメントになっているエキナセア(キク科)のことでした。免疫をあげる効果ががあるんですねー。成分表って結構意外な成分が配合されていることも多いので面白いですよ!
さて、シミのもとになる色素として美白を志す女子たちを悩ませる「メラニン」。(若い頃は諸悪の根源だと思ってた頃もあります。)紫外線ダメージから肌を守る役割をもった大切な成分ではありますが、かと言って斑(まだら)になれとは言っていない…(´・ω・`)というのが正直なところ。
本来ならば肌の代謝によって自然に排出されて必要な量だけ肌に残るものだそうですが、紫外線を浴びることが刺激になったり、ホルモンバランスの乱れなどの原因でメラノサイトがハッスルするなどして過剰に生成されると、肌にメラニンが蓄積、シミとなって定着します…なんて要らない機能なんでしょう(ノД`)・゜・。幼少時よりアトピー持ちであったすいさん、10代前半からすでにシミにまみれており(おそらく肌の炎症や、痒みから掻くことによる色素沈着、ひょっとしたら薬やけもあったのかもしれません)、未だシミだらけで生きています…(/ω\)肌の美しかった時期がないのですが、長じてずいぶん経ちここ数年は夏場に汗で痒くなる以外は最近では乾燥肌の人として過ごせています…のに!そろそろ黄ぐすみも気になる年頃に…コウジ酸というのは、シミだけでなく黄ぐすみにも対応してくれるんだそうです!(おおおお…!)さすがコウジ酸!
コウジ酸についてはコーセーさんが直々に情報を発信しているサイトがあるのでこちらも参考にどうぞ→コーセーテクノロジースペシャルサイト -コウジ酸

という訳で次に中身をご紹介します。
ホワイトロジスト2022
中身はわずかに白濁した感じの液です。パシャッと出て、とろりんとなります。そして、初めて使った時と同じように潤いもそのまま!(当時は美白化粧品は乾燥するものが多く、感心したのを覚えています)そして馴染むのが早い…そして一切べたつかない…昔のやつより馴染むの早くなったし、更にべたつかなくなってるような…(驚愕)
香りは前述のようにごく淡くグリーンフローラルって事でいいんでしょうかね?結構好きな香り。(安易なバラ香料が嫌いなので)って、ひょっとしてずっと変わらずですか…?嗅いだことある香り…
それにしても、研究も進めばよりよく処方も変わって当然で、そもそも8年前の商品と比べることが間違ってるのですがさらに使いやすくなっている気がします。
ホワイトロジスト2023
なお、まだ使い始めてそれほど経っていないので、実感はまだなのですが、肌のターンオーバーを繰り返していけば効果もあると思います。8年前40mlサイズについて書いたときも、「ぼちぼち使って3ヶ月もった」と書いてるので、現行品も大体同じだと思います。使い切ったころには一段階白くなってると嬉しいです。

2020年代の始まりの年、オリンピックや万博を控えて新しく時代が変わっていく始まりの年にリニューアルを迎えたホワイトロジストでシミそばかすのないまっさらな肌へ…なんていかがでしょうか?






◆コスメデコルテのモニターに参加中

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



【イプサ】ターゲットエフェクトアドバンストG

基礎:クリーム
02 /19 2020
こんちわすいさんです。
いやー、乾燥しますね。冬になるたび肌が衰える気がします。つらい…(;^ω^)

今回の商品は資生堂さんから頂きましたイプサのアイクリーム!しかも、1月17日に発売されたばかりの新製品!
イプサターゲットエフェクトアドバンスト1
■イプサ ターゲットエフェクト アドバンスト G 23g 14,300円(税込)
イプサって割と近未来的なデザイン性の高いパッケージの商品が多いですよねー。見てるとなんだかワクワクします。
という訳で、こちらも一見普通のチューブっぽいですけど妙に細長い。
イプサターゲットエフェクトアドバンスト3
箱なんか、マスカラかな?というくらい。やっぱりデザインにひとひねりありますね。
イプサターゲットエフェクトアドバンスト4
蓋をはすずとこんな感じ。黒いリング部分は外れるようになっており、それを外してフタを最後まで締めると内部でチューブの封が開封される仕組み。シール圧着シールを剥がすものは多いですが、こういうのは珍しい。なんとなく医薬品を思わせる感じがしますね。

さてこちら、昨年秋ぐらいからがぜん増えてきた「シワ改善効果を謳った美容クリーム」です。
化粧品の効果って基本的には表面の角層まででその下の真皮にまで届くものってまずなかったと思うのですけど、一昨年くらいに某リンクルショットの発売を皮切りにだと思うんですけど年末には価格が3000円で薬局で買えるオールインワンジェルまで出てきました。なんだか「時代」が変った感がありますねぇ…(しみじみ)
そんななかでもターゲットエフェクトアドバンストG(長い…)は「効率最大化」と銘打ってます!(肌の手入れは根気があるものだとはやっぱり、少しでも早く効果が分かる方がいいですよね)

イプサの研究によると深いシワには肌内部に「落とし穴」のような現象がおこっている状態で、この「落とし穴」を塞ぐことと、発生させないことこそがシワのできない肌を作り、根本の改善になるとの考えをもとに、今回の製品は開発されたようです。

「落とし穴」状態というのはもともと表皮中に存在している酵素「ゼラチナーゼ」という物質が、通常は不活性な状態のところを紫外線を浴びることによって過剰に活性化し、表皮と真皮の間の基底膜を構成するタンパク質を分解、その基底膜の分解が進むとダメージ箇所が徐々に拡大して穴のような状態になることらしいです。
更にそれだけにとどまらず、真皮に侵入したゼラチナーゼがそこでハリや弾力のカギとなる皆様ご存知コラーゲンを分解。真皮から変形した深いシワへと進行する…という恐ろしいことになるんだそうなんですね…
じゃあ、ゼラチナーゼを何とかしないと…ってなるんですが、そうすると真皮に侵入させないことが重要なポイントに…なんとターゲットエフェクトアドバンストG(長い…)はゼラチナーゼの真皮侵入を防ぐために、真皮の一歩手前の基底膜のダメージを修復&強化するように設計されてるんですよ!!「落とし穴」が出来ないように配合されている成分としてヤグルマギクエキスがグリセリンと合わせて独自成分「ディープGターゲット」として採用されています。このヤグルマギク(キク科植物)から抽出されたエキスには基底膜に存在するタンパク質の産生量を増加させる働きがあるそうで、損傷を受けた基底膜の修復を促す効果が確認されているとのこと。

もう一つ重要なのが純粋レチノール!純粋ですよ、純粋!これが製品のもう一つの売り成分。
レチノールっていうのは「ビタミンA」の一種で、エイジングケア成分として資生堂系の会社(イプサも確かそう)のクリームや美容液に結構配合されているような気がします。
これもなかなか凄い成分で、
  • 肌の表皮が自らヒアルロン酸を生み出し水分量を増やすことによってシワの改善に効果がある。
  • 表皮だけでなく真皮でもコラーゲンの産生を促進し、その密度を高めることが判明。
  • 「表皮のうるおい不足」「真皮構造の脆弱化」をレチノールによって改善できる。
…うーん、これは俄然クリームが輝いて見える…元から黄色ですが(笑)
でも、凄い効果の一方でちょっとピーキーな部分があるのか、
過剰な使用は炎症と日焼けの促進をおこしたり、濃度によっては皮むけが起こるなど皮膚に刺激があるみたいなんですね。
なので、商品の説明書きにも
  • 初めての使用の時は最初の2週間は2~3日間をあけながら夜だけの使用、次の2週間は毎晩…というように少しずつ使用頻度を増やすこと
  • 他のレチノール配合の商品と併用する場合は1品ずつ様子を見ながら使用し、一度に複数の併用を避けるようにすること
  • 用法・容量を守る事
  • 朝使用の場合は、塗布後はUVカット効果のある日焼け止め等の化粧品を使う事(商品説明のリーフレットには「レチノールの効果を守るため」とありましたが、前述のレチノールのピーキー面に「過剰な使用の上ではありますが日焼けの促進を起こす」というものがありましたから、日焼け止めは必須と思った方が良いですね。)
…という事が書かれてました。
(ちょっと前に資生堂さんが厚生労働省から純粋レチノールによるしわを改善する効能効果の承認を取得したらしいですし、レチノール配合製品の扱いについては書かれてるメーカーさんの注意を守れば問題ないと思います。)
…ここまでまとめてきて思ったのですけど、これは守るケアというよりはより積極的なケアを指向した製品ですねぇ…「効率最大化」なんてキーワードもありましたし…
他にも医薬部外品表示のある化粧品は数ありますが、こちらは今までで一番医薬品と化粧品は地続きなんだなぁって感じました(感想)


という訳で、成分の話はこれくらいにして、使用感について書きますね。
近未来的なチューブの中身は卵色というか柔らかいカスタード色のクリーム。クリームとしてはさらっとしている方だと思います。
イプサターゲット10
特にこれと言って香りはありません。注意して嗅いでわずかに香るのは原料臭なのかどうかもわからないような匂い。ほぼほぼ無臭なので使いやすいと思います。
少量でもとても伸びが良くて助かります。
公式ホームページには「朝晩のお手入れの最後にパール粒1個分をひたい、眉間、目じり、口の周り、首に優しくなじませる」といった塗るスポットの説明な絵がありましたけど、それってほっぺと鼻以外ほぼ全顔じゃないですか!(=゚ω゚)ノ
個人的な印象ですけど、コスパ意外と悪くないんじゃないかと思います。ほっぺ以外全部使ってもそんなに減らない…!(凄い)
ちなみに、塗って寝ましたけど、翌朝には目の下やほうれい線のあたり…主に顔の中央付近のパーツがハリが出て元気な感じに…!
あと、肌のキメも均一になったような印象…!
ちなみに、15年くらい前に他社さんの化粧水でレチノールを初体験したのですけど、その頃は全く効果がわからなかったんですよ…(´・ω・`)なのに、どうでしょう、使った翌日は目元がしなやかに張っている…(/ω\)レチノールの効果を享受できる年になってしまったのか…思いました(;^ω^)
保湿も十分。
使用頻度も最初は間隔をあけて始めたんですけど、特に刺激はありませんでした。心なしか使っているうちに、下まぶたの肌のキメが整っている時間が長くなったように感じた事と、化粧した時の目元のノリUPと化粧崩れが軽減した気がしますね。そういや目頭のシワの溝に落ちるファンデの量が減ったかもしれないなと…

いやー、使ってるうちにイプサの他の商品も使ってみたくなってオンラインカウンセリングやってしまったりしました。診断結果によって3種類4品目から内容の組合せが変えられるトライアルキットなんてとてもいいですね!注文しよっかなー。

これから花粉症の季節ですし、空気が乾燥してるところに目がかゆくてうっかりこすっちゃいがちな時期ですから、このクリームで肌の土台(基底膜とか真皮とか)を補修したり強くしていったら、外的刺激にも立ち向かえるかも…!
2020年代の始まりの年、積極的エイジングケア始めてみませんか?!


【イプサ】ターゲットエフェクトアドバンストG→商品はこちら






◆IPSA様のプロモーションに参加中


にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村

【資生堂】マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

メイク:ファンデ
02 /03 2020
こんちわ、すいさんです。
今回は自腹回ですよ。
マキアージュドラマティックパウダリーUV2
■資生堂 ドラマティックパウダリー UV SPF25/PA+++ 9.3g 全7色 3,300円(税込) ケース別売り
はっきり言って「いつものおいさんなら絶対買わないって商品」です。(…メーカーさんごめんなさい)でも自腹なんですよ!
いやね、昨年末の母上入院事件の時に、滞在日数も不確定、でも手持ちがない!って状況で買ったもんなんです。
マキアージュ…10年以上ぶりですかね。最後に使ったのはルースのフェイスパウダー。
もともと、化粧品にはワクワクとか使ってて気分が上がる…っていう様な事も重要なのでどうしてもどこに行っても売ってるっていうマキアージュやエスプリーク、コフレドールあたりはどうしても買う気にならなくて…ドラッグストアで買うメイクブランドというと、セルフで手軽なそれより価格帯が下のケイト、ヴィセになっちゃうんですよね…いくらクレド推しの私でもマキアージュくらいの価格になったらデパートコスメにも買えるもの出てくるので魅力がね…デパコスも通販で買えたりするご時世ですし…
昔はマキアージュって煌めいてて、15年くらい前のマキアージュが出たての頃はみんな持ってて私も欲しかったけどお金なくて…何個もファンデ買えなかったんだよねぇ…(確か当時はレヴューを使ってた。懐)こんな風にどんどん魅力を感じなくなるとは…

そんな寂しい話は置いといて、そのどこでも売ってるおかげで今回助かったわけですけど…
使ってみたら思ってたよりちゃんとしてた…!(3000円するんだから当たり前)
クレドでオークル20なので色はオークル20にしときました。色に関して特に違和感なかったです。軽さも感じます。

実家から自宅に帰ってきてから顔の左右でマキアージュとセフィーヌで半分ずつブラシで塗ったんですけど、2時間後もしっとり感がありました。(乾いてガビガビな感じはない)
マキアージュドラマティックパウダリーUV3
(上がマキアージュ、下がセフィーヌ。腕に塗ってみましたが…あまり参考にならない比較ですね。)
それもそのはず、調べたら美容液水とパウダーを混ぜてムースのような状態にして、それを乾かしてゆっくりやさしくプレスするという手法で作られているんだそう。柔らかさ1.3倍なんだって。(確か、コスメデコルテのマルセルワンダースコレクションのフェイスパウダーも同じような作り方でものすごく柔らかいです。)ちなみに肌への溶けこみ感と軽さもアップしてるらしい。
あと、金平糖型をしている粉体の効果でラメとかパールではないツヤと透明感が出ますね。光を乱反射させてソフトフォーカスする効果もあるみたい。
どうりで、スッとした印象の透明感と均一感が出ると思った。
あと持ちもいいですね。3時間経ってもそんなに変わってなかったんですもん。
そして、パウダーファンデなので落とすときも簡単。肌の負担の軽いところもいいですね!

そういや、パウダーファンデについていつも困ってるんですけど、私の場合必ずファンデの表面にてかっとしたガビガビが出来る。
それで覆いつくされるために全然ファンデがパフやブラシに取れなくなる…「スキンケアや下地が馴染んでいないから」とか「パフとかブラシにスキンケアや下地の油分が付いてる」からだそうなんですけど、ファンデを塗る前に一度ティッシュを押し当てて余分な油分を取るようにしているんですけどね…日焼け止めとか下地の層が剥がれそうで嫌なんだけど。
…なのに2回も使えばガビガビの予兆が…なんででしょうねぇ…
もっと研究が進めばこういうのもできにくくしてくれるといいなぁ…というわけで、資生堂さんよろしくお願いします~!
マキアージュドラマティックパウダリーUV1
あと、年甲斐もないんですけどアナ雪デザイン最高でした!!!!かわいいー!


にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村

【ディセンシア】アヤナス ローションコンセントレート

基礎:化粧水
02 /03 2020
こんにちわ、すいさんです。
連日のコロナウイルス報道で例によって我が家も6軒ある周辺の薬局からマスクと消毒用アルコールが消えました…
幸い、個人的にインフルエンザや花粉対策 兼 真冬の防寒目的で冬から春にかけて常にマスクをしており、前職で病院勤務を経験してから消毒用アルコールは常備していたんです。ちょうどチャーター機が出た週の初めにツイッターで都心の買い占めが始まってると見たのでまだ使用中の箱の枚数はあったのですけど、念のためいつも使ってる愛用の銘柄を2箱買っておいたんです。(その時はまだほかにも在庫あった)まさかとは思っていたのですが…2日ほどのちに薬局に行ったときには我が家の周りでも本当になくなってしまってました…
幸い、マスクってすぐ増産が可能だそうなので早く在庫が安定してくれることを願います。本格的な花粉症の時期も来ますからね…この先、どれほど騒ぎが続くかわかりませんが、はやく収まって欲しいものです。

さて、長くなってしまいましたけど、今回はディセンシアの商品をメーカーさんからいただけたのでご紹介します!
ディセンシア ローションコンセントレート
■ディセンシア アヤナス ローションコンセントレート 125ml 5,000円(税抜)
POLA・オルビスのグループ会社の敏感肌向けブランドディセンシア。その中でもエイジングケアラインのアヤナスの商品です。
ディセンシアは「敏感肌はストレスなどの外的環境の変化によるものと考え、肌のバリア機能を高めてその影響を受けにくい肌へと導く」というシリーズです。
一口で言うと、敏感肌の人でも積極的なエイジングケアが叶えられるという素敵な商品!
ディセンシア ローションコンセントレート2
独自処方として「ストレスバリアコンプレックス」というバルマリン(海藻)、ジンセンX(朝鮮人参)、ピルベリー葉エキスを複合した成分を配合、ヒト型セラミドをナノカプセル化した保湿成分「セラミドナノスフィア」でうるおいを届ける設計になってます。
あと、保湿成分としてこれに加えてCVアルギネート(ハリ・弾力の鍵となるコラーゲンの産生をサポートする、ポーラ R&M 研究所のオリジナル成分とのこと)、コウキ(黄杞-中国南部に自生するクルミ科の常緑樹。抗炎症作用)エキス、ローズマリーエキス(香草、血流促進作用、抗菌作用、抗酸化成分、色素沈着抑制作用など)が入っています。
ディセンシア ローションコンセントレート3
ボトルは使いやすいポンプ式。そしてちょっと空気が入っちゃうとしばらく消えないほどのとろみが特徴の透明の液が特徴的ですが、肌の上ではすばやく広がりうるうると瑞々しい!空気が入っちゃった状態でボトルを日差しに透かすとキラキラときれいです☆
香りもやさしく、天然植物から抽出した、ゼラニウムとラベンダーの落ち着くハーブのやさしい香り。
敏感肌向けだけど、どれくらいハリが出るだろうと思いましたけど、予想以上にふっくらしました。しかも刺激もなく優しい…!
有難いことにうるおい不足を感じることもなかったですが、ハンドプレスしたほうが良いように感じます。(コットン推奨のところは多いですけど、肌が極薄の私の場合はコットン使わない方がやりすぎなくて済むのでこの点は好印象です)
普段からストレスが肌に出やすい方とか、敏感肌で…って方以外にも、生理の期間中もエイジングケアは続けたいという方にもいいと思います。

いやー、レベル高いですね最近の敏感肌向け製品って…エイジングケアを諦めなくて良いとは…数年前まで敏感肌向けだと保湿製品が殆どでしたけど、今は諦めなくていいんですね…素晴らしいと思います。

トライアルセットもあるのでまずは980円(送料無料)のお試しからいかがでしょう?→アヤナス・サエル トライアルセット


にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村

藤堂 翠

尾張国産・越前国育成。卵焼きは甘くないやつ。
競走馬と文房具(画材)と化粧品が好き。(ワクワク感とか使いごこちを追求してしまうです)
物心ついたときには既に好きだったお馬、2014年からおこずかいで競走馬のタニマチを始めました。
2017年乗馬始めました。
馬ネタのみの新ブログできました。→http://oumablog.com/

■2012年産:
 ラダームブランシェ(2戦1勝:引退→繁殖) 
 クランデール(7戦未勝利:引退→地方)
■2013年産:
 ラヴィエベール(10戦3勝2着6回:新馬勝ち→1600万下→1000万下現役)
 ラッシュドリーマー(未出走引退)
 シャンドランジュ(3戦未勝利3着2回→地方移籍2戦→引退・繁殖)
■2014年産:
 アスティル(5戦未勝利:引退→繁殖)
 シュクレビジュー(8戦未勝利、新馬戦2着:引退→地方)   
■2015年産:
 フィニフティ (9戦1勝:新馬勝ち、クイーンC(G3)2着)
■2016年産
 アストライア(ハープスターの16)
 テイクザヘルム(ヴェラブランカの16)
 マイエンフェルト(アーデルハイトの16)
■2017年産
 アーデルハイトの17(ローヌグレイシア)
 ユキチャンの17(ラテマキアート)
■2018年産
 ラダームブランシェの18

通算戦績 5-9-3-3-3-15 

2015年  1-0-2-1-1-5 10戦1勝 (ラダームブランシェ/3歳未勝利)

2016年  3-3-1-0-0-2  8戦3勝(ラヴィエベール/メイクデビュー東京、3歳上500万下、1600万下日高特別)
2017年  1-5-0-2-1-7  16戦1勝(フィニフティ/2歳新馬(牝))
2018年  0-1-0-0-0-1  2戦0勝(フィニフティ/クイーンC(G3)2着)
2019年  2-1-2-0-2-10 17戦2勝(デイクザヘルム/3歳新馬、マイエンフェルト/3歳未勝利)