FC2ブログ

【資生堂】スノービューティー ホワイトニング トーンアップエッセンス

基礎:美容液
10 /29 2019
こんちわ、すいさんです。
最近、コフレの情報が出そろってきて、早いものだと既に発売されていると「今年もこれから年末に向かって行くんだなぁ…」って気がしますね。
今回の商品はコフレとは違いますが、年末に出る限定のフェイスパウダーと同じシリーズです。
スノービューティ1

【資生堂】スノービューティー ホワイトニング トーンアップエッセンス 40ml 4,950円(税込)
資生堂さんの年末発売の限定粉、スノービューティ―から10月21日に発売されたばかりの、薬用美白美容液 兼 化粧下地です。スノービューティ―が今年は年頭に出てたので年末にかけては何も出ないのかなと思っていたら、こちらが発売になりました。しかも限定デザインで!
スノービューティ2
ちなみにこの限定デザイン、本体チューブの背面にエルサ、外箱の側面にオラフがいたりします。(「アナと雪の女王」観たことないのでキャラ名があやふやですけど、金髪の女性と雪だるまがプリントされてる)近々続編である「アナと雪の女王2」が公開になるようなのですけど、商品名にもマッチしたタイムリーなデザインですね!
去年は白雪姫デザインでパウダーの方が2種展開してたのでその流れかもしれませんけど、来年版は今年みたいに念頭に出るなら「アナ雪」版もあるかもなんて思っちゃいますね。
なんてことは置いといて、スノービューティ―はコンパクトのデザインがいいですよねー、雪の結晶の。ちょうど最近買い集めだしたところなんです(好きなデザインは初代、2、2018)。そしたら、タイミングよく資生堂さんから頂けることになって嬉しかったです!(ありがとうございます!)
スノービューティ―って薬局で見かけた事しかないわーって方に改めてご説明しますと、大手三社が年末あたりに年1回発売する限定粉。そのうち、資生堂が雪の結晶をモチーフに発売してるのがスノービューティ。毎年コンパクトで統一されており、そのデザインも違います。UVカット機能はないようなんですけど、その分24時間いつでも使えるようになっているトラネキサム酸配合の薬用美白パウダーです。メイクの上からはたく他に、夜のお手入れの後の油分でテカテカもおさえるという使い方もメーカー推奨なのでサラサラかつスキンケア効果をプラスして、更にきれいな感じで眠れるのでお泊りの時など寝化粧にも使えるかも(そんなすっぴんを見せるのが恥ずかしい相手はいませんが…)まさに「24時間使える」使い勝手の良さがポイントです。(なお、同時期に発売される他社の限定高級フェイスパウダーには「薬用」とは書かれてません)
スノービューティ3
こちらにもそんな使い勝手の良さは反映されていて、化粧下地と美容液を兼ねてます(!)
確かに他社でも美白に限らず「メイクしながらスキンケア」を謳った商品はありますが、大抵UVカット効果がつけられていて美容液というより下地としての向きが強いじゃないですか(さすがにSPFの入った美容液を夜に使えない(使う理由もない)ですよね)。スノービューティーはUVカット効果がないので、より美容液に寄っていそうです。
美容液としてはパウダーと共通で有効成分m-トラネキサム酸(トラネキサム酸は歯磨き粉にも消炎成分としてよく入ってますが、シミの部分も炎症のようになっているらしく、トラネキサム酸が効果を発揮するようです。なおm-トラネキサム酸は歯磨き用とは厳密には違う肌用の成分です。資生堂さんの得意な成分のひとつですね)が配合されており、付けている間シミ・そばかすを防ぐ美白ケアが出来ます。
朝は美白ケアとファンデやパウダーの付きを良くしたり、肌のトーンアップ、重ね塗りでハイライトに。
夜は美白ケアに加え、角層深くまで潤わせてくれる。

…という事で実際に使ってみました!
スノービューティ4
中身は淡いベージュのとろりとした乳液状。傾けると流れる感じのテクスチャ。
スノービューティ―5
香りは「フローラルアロマの香り」となってますが、少々強いかなぁ…もう少し抑えてもらってもいいかも。香り自体は嫌いでないんだけど。
そして、伸びが良い!
塗ってみると馴染みがよくて、なるほど透明なのに明るくなる…!不思議な感じ。白浮きとも違って、もともと色の白い人みたい!
スノービューティ―6
手の甲に塗ったところですが、右がスノービューティあり、左が素の状態です。
なんていうか、透明感が出てキメの細かい肌に見えませんか?どっちも私の手なんですけど。(セルフで両手撮るの初めてなので上手く両手を同じ力で握れなかった…大きさとか同じ人の手に見えない…)
しっとりとした潤いもあります。
公式サイトには7つも使い方があると出てるとおり、ほほー…これは色々使えて予想以上に重宝しますねー!
若い人ならこれと日焼け止めとパウダーでいけると思います。さすがに隠すものが多い三十路では街に行くには厳しいところありますけど、素肌の生々しい感じは抑えられるのでお休みにちょっとそこまでぐらいなら上からポイントメイクすればありだと思うし…基本的に何かと手軽に使いやすいなという印象です。
夜もパウダーと一緒に使うのがいいんじゃないかと思います。

こちらもパウダーと同じ限定販売なんでしょうかね?朝晩使えるので(レフィル付き販売もある)パウダーよりも減りが早そうなので、通年販売してもらいたいところです。それか夏版を出すとか。暑い時期には皮脂を抑えてくれる効果とひやっとした「雪の感触」のエッセンス…なんて。常にセットで使えるようになったらいいなぁ…。あ、今のレフィルあるなしみたいにエッセンス付きセットと単体にしてくれてもいいんですよ、資生堂さん!(すると販売現場で扱うバリエーションが3種類になってしまうか…)

あと、またパウダーの話になっちゃいますが、来年は初代のコンパクトのデザインのコンセプトにあった「世界中の7つの雪の結晶」から数えて7年目、7つ目なんです。どんなデザインになるか個人的に楽しみにしてまして…
スノービューティ―の今後の更なる展開に期待してます!!
スノービューティ―75


詳しくはこちらから→スノービューティー ホワイトニング トーンアップエッセンス






■スノービューティーのプロモーションに参加中

スポンサーサイト



【カネボウ】 パフ≪ミラノコレクション フェースアップパウダー用L≫

メイク:道具・その他
10 /29 2019
今回の商品、気がついたら4つも持ってたんです…
近年ミラコレ買ってないのに…。粉質はいいですし仕上がりも持ちもいいと思うのですけど(2010年版などは感動して2つくらい買った)、どうも顔色が白ピンクになってしまうという色出しの年が続いたのでコーセーのマルセルワンダースの限定粉が発売になってからそちらに乗り換えてしまっておりまして…
なので、「本体持ってないのにパフをそこらのミラコレユーザーさんより持ってるんじゃないか」という状況です(笑)
ミラコレパフ1
こちら、数年前から待望のスペアとして単体売りがされ始めたもので、それまではレフィル付き本体か本体を複数買っていないかぎり、オークション等に出品されるものを落札するくらいしか洗い替えを入手する方法がなかったので見つけた時には喜んだものでした。
ミラコレパフ3
そして、こちらについては一部ブロガーさんの数年前の記事と通販取扱店さんの商品説明で「西陣製」って情報があったんですけど、公式には載ってないんですよね…西陣織って言ったら日本の誇る高級絹織物!
公式には載ってなくても、きっとそうなんじゃないかと思わせる毛の柔らかさとこの密度、厚み!
ミラコレパフ2
実際に今年は発売30周年だという事で久しぶりにカウンターへ予約に行った際に聞いてみたのですけど、確か西陣織で間違いなかったと思います。「西陣織って聞いたんだけど」って言っても否定されなかったので。「いいですよねー!?」って感じだったし…「表面の毛足も長いものと短いものが混ざって出来ているんですよ!ご予約いただいたものにも付いてますので!」って言われた覚えがあります。
ミラコレパフ4
そんなわけで、右がミラコレパフ、左が資生堂のクレ ド ポーのルース用のパフ。クレドがみんな毛足が揃ってツヤがあるのに対し、ミラコレには毛先の切りっぱなし感がない!!長短の毛があるからでしょうね。
素晴らしい!!もう、洗い替えがないと心配になるほどの使用感…!
これこそが、4個も買い集めさせた理由です。
正直なところ、シャネル、資生堂(クレド・スノービューティー)、POLA B.Aあたりよりも肌への当たりがいいと思います。
何回か洗ってますけど、厚みは新品のときとあまり変わってない気がしますし、肌当たりの柔らかさも全く変わることはありません。
1個1200円(税抜)ですが、「本体と一式一緒の同じブランドで使いたい」ってこだわりが特にないのであれば、ぜひお勧めしたい一品で逸品!

もし、今使ってるパフに不満がおありだったら一度お試しを。

詳しくはこちらから→カネボウ パフ≪ミラノコレクション フェースアップパウダー用L≫

藤堂 翠

尾張国産・越前国育成。卵焼きは甘くないやつ。
競走馬と文房具(画材)と化粧品が好き。(ワクワク感とか使いごこちを追求してしまうです)
物心ついたときには既に好きだったお馬、2014年からおこずかいで競走馬のタニマチを始めました。
2017年乗馬始めました。
馬ネタのみの新ブログできました。→http://oumablog.com/

■2012年産:
 ラダームブランシェ(2戦1勝:引退→繁殖) 
 クランデール(7戦未勝利:引退→地方)
■2013年産:
 ラヴィエベール(10戦3勝2着6回:新馬勝ち→1600万下→1000万下現役)
 ラッシュドリーマー(未出走引退)
 シャンドランジュ(3戦未勝利3着2回→地方移籍2戦→引退・繁殖)
■2014年産:
 アスティル(5戦未勝利:引退→繁殖)
 シュクレビジュー(8戦未勝利、新馬戦2着:引退→地方)   
■2015年産:
 フィニフティ (9戦1勝:新馬勝ち、クイーンC(G3)2着)
■2016年産
 アストライア(ハープスターの16)
 テイクザヘルム(ヴェラブランカの16)
 マイエンフェルト(アーデルハイトの16)
■2017年産
 アーデルハイトの17(ローヌグレイシア)
 ユキチャンの17(ラテマキアート)
■2018年産
 ラダームブランシェの18

通算戦績 5-9-3-3-3-15 

2015年  1-0-2-1-1-5 10戦1勝 (ラダームブランシェ/3歳未勝利)

2016年  3-3-1-0-0-2  8戦3勝(ラヴィエベール/メイクデビュー東京、3歳上500万下、1600万下日高特別)
2017年  1-5-0-2-1-7  16戦1勝(フィニフティ/2歳新馬(牝))
2018年  0-1-0-0-0-1  2戦0勝(フィニフティ/クイーンC(G3)2着)
2019年  2-1-2-0-2-10 17戦2勝(デイクザヘルム/3歳新馬、マイエンフェルト/3歳未勝利)